食物繊維で快調に

怖い病気の原因に食物繊維

トップ / 怖い病気の原因に食物繊維

食物繊維で便秘の予防

慢性的な便秘は、日常生活にも支障をきたす恐れのある怖い症状です。これを改善するには、食物繊維を多く含む食事などを上手に摂取し、毎日の生活の中でのセルフケアを自分自身で心がけることが重要です。食物繊維は便を柔らかくし、量を増やすことによって体の中の老廃物などを外に排出しやすくしてくれます。これに加えて水分の摂取を意識すれば効果は倍増です。便秘が続くと、それだけ体の中に毒素やいらないものが溜まってしまう状態なので、健康状態にもよくありません。食生活を意識していくことが重要となります。

便秘とダイエットには食物繊維

便秘とダイエットには食物繊維がいいといいますが、具体的にどのくらい摂取して何に効果があるのかしらべてみました。繊維があります。不溶性食物繊維は、水分を吸収して数倍から十数倍に膨れ、便量を増やし腸内で蠕動(ぜんどう)運動をして、排泄を促します。食物繊維は男性が19g以上、女性が17g以上が1日の摂取目安で、水溶性と不溶性の最適な摂取の割合は1:2と言われており、両者のバランスが大切です。日常の食事でとることが理想です。

水溶性食物繊維についての詳しい情報を紹介!
便秘やダイエット、コレステロール値を下げるなど嬉しい事ばかりです。その仕組みについても紹介されています。